2017年12月11日

電子コミックはアマゾンKindleストアで買える!けど専用端末って必要?

06c921a629c29fbb0ac0a9f73db2286d_s.jpg


Amazonは通販などでとても有名なサイトです。しかし最近は電子書籍などでも有名になっています。アマゾンで電子コミックを購入するならKindleストアですね。


しかしここで疑問が生まれます。それはアマゾンキンドル専用のリーダー(端末)が必要なのでは?という疑問です。今持っているスマホやタブレットなどで見れないのでは?と思ってしまいますよね。


そこでこのような疑問を解消できるように、アマゾンのキンドルストアについて詳しく紹介してみました。


キンドルを利用するのに専用端末は必要?
電子書籍をキンドルストアで購入してダウンロードをして読む、となると利用する端末が「Kindle Paperwhite」のようなタブレットみたいな専用端末が必要と思いがちです。


しかしこのような専用端末を持ってなくてもOK。普通にお持ちのiPhoneやAndroid端末で利用することが可能です。ですがキンドルを利用するにはまず専用のアプリをダウンロードする必要があります。


もちろんダウンロードは無料となっていて、専用ページなどでダウンロードすることが出来ます(ダウンロード詳細はこちら


アマゾンKindleストアとは
キンドルストアとは、電子書籍を購入することが可能なサイトです。ネット環境からダウンロードし、パソコンやスマホから読書することができるサービスとなっています。


キンドルはAmazonが運営しており提携している出版社も多いので、その中から好きな作品を選んで読むことができるのです。無料で読めるものと有料で読めるもがありますが、購入して一度ダウンロードすれば削除しない限り何度でも読むことができます。


作品の種類は漫画から小説、実用書と幅広く、様々なニーズに答えることができます。本はかさばるので読んだら処分する人も多いですが、その必要もないのでいつでも好きな時に閲覧できることから利用する人が増えています。


また電子コミックを購入する際の価格、場合によっては安くなっている時もあり、本が好きな人、いろいろ試し読みしてみたい人、海外出張中でも本が読みたい人、様々な人に便利なサービスです。


ですがスマホから利用しづらいと思う人もいるようです。そのような場合はスマホ向けの電子コミックサービスなどを利用するのもいいでしょう。


例えばまんがこっちとか、ガラケー時代から運営されているサイトなどスマホ向けの電子コミックのサービスとなっておりいい感じで利用できると思います。


スマホユーザーを意識したサイトの作りとなっているのが特徴的ですね。


キンドルストアの口コミ・評判は?
8c3ec98d248cdf51257e299c7867881a_s.jpg

サービス展開直後は実際に手元に本がないことから賛否ありましたが、利用者も増えており「便利」という声が多いです。


いつでもどこでも利用することができるので「暇つぶしになる」という人から「試し読みできるから助かる」という声もありました。


無料で読める書籍や漫画も多いので、前々から気になっていた作品の試し読みもできるので好評なようです。


実際に手元に本がないことで置き場所にも困りませんし、書店に行かなくても電子書籍として購入できるので便利ですよね。


利用しているのは年代の若い人が多いですが、徐々に他の世代にも浸透していっているようです。


最初は敬遠していても実際に利用すると便利で手放せなくなる人が多い、というのが口コミをみた全体的な印象です。
posted by ぱっくん at 21:10| 日記

2014年04月27日

結婚記念日だったけど

今日はパパと喧嘩をしました。しかしパパが「今日、結婚記念日、覚えてた?」と聞かれはっとしました。

そういえば、先週までは覚えていたのですが、いろいろと忙しく、すっかり忘れてました。

かといって、何か特別なことをするつもりもなかったのですが。それにしても、結婚記念日にくだらない夫婦喧嘩で一日を締めくくるっていうのは、イヤなものですよね。

ちょっと反省しました。最近、子供のお世話ばかりに気をとられて、パパの扱いがぞんざいになっていたような気もします。

それが何気ない口調にでてしまっていたのかもしれませんね。
posted by ぱっくん at 01:35| 日記

2014年01月09日

忘年会シーズン

以前書く予定だった日記が書けなかったので今書いてみることにした。

今年もあと1か月でおわりかと思ったら一年ってほんと早い。

そして毎年12月は仕事でばたばたする。年末なだけあってどこも忙しいですよね。

しめ縄を買ったり、正月に飾るお餅を注文したり、あとは大掃除。

普段できないところも年末はいっきに掃除するから、すっきりした気持ちで新年を迎えることができますね。

自分の家の大掃除もしないといけないけど、ここはやっぱり甘えてしまう。お掃除ロボットが欲しいな(笑)
posted by ぱっくん at 18:19| 日記

2013年12月24日

パチンコのゲームはスマホでプレイしている

年末になるにつれて暇になるというちょっと変わった私。皆さんは逆の方が多いとは思いますが私は年末になるにつれて暇になるのです。

なのでココ最近はパチンコのゲームをスマートフォンで遊んだりしています。パチンコゲームは様々なサイトで入手できるのでちょっと驚きですね。

最初はメーカーサイトのみと思っていましたが、モバゲーなどゲームサイトなどでも配信しているようです。

きちんと大当たり中の演出などもあるし、スマホでもここまでの完成度だったら大満足ですね。本当以前PSなどで遊んでたゲームと変わらないほどです。

気軽さもありますのでパチンコゲームはスマホでもオススメできると思います。暇な時間があれば一度遊んでみては!?
posted by ぱっくん at 22:19| 日記

2013年12月11日

今日はジャグラーにチャレンジ

今日は朝から近所のパチスロ店で並んでいると常連の人達が今日はジャグラーに高設定がはいっている様な事を言っていたので、何気に常連さんに便乗して朝からジャグラーを打つ事にした。

離していた常連の人達もジャグラーコーナーのデータチェックから台を絞り打ち始めていたので、私も一通り台チェックを済ませ良さそうな台を見つけたので打ち始めた。

投資4千円目でGOGOランプ点灯してレギュラーに当選したが全部持ちコインも飲まれ追い金する事4千円で次はビッグボーナスに当選しました。

その後順調にコインを増やし結局閉店間際まで打ち3千枚のコインを換金して5万以上プラスで帰れました。

このような日もあるのですね。いつもジャグラーアプリで実践しているけどあまり出ないイメージがありましたが、ちょっとジャグラーに対する考え方が変わりました。
posted by ぱっくん at 20:02| 日記

2013年11月29日

黒子のバスケの良さ

黒子のバスケですがジャンプ連載当初は不人気な作品だったとか。

高校生のバスケットをテーマにすると、ジャンプ誌上で莫大な人気があった「スラムダンク」がどうしても比べる対象となってしまう。

作者である藤巻忠俊も、子供の頃スラムダンクを読んでいた、一番好きな作品だったと語っている。黒子のバスケの単行本の売り上げもそこそこだった。

しかしアニメ化をきっかけに、爆発的に人気が急上昇。主なファン層は若年の女性である事から、キャラの魅力が一番の理由だと思われる。

主人公は平凡な高校生・黒子テツヤ。しかし試合中に魅せる情熱的一面や、キセキの世代との深い関わりからただの影の薄い主人公ではない。

更にキセキの世代の名前の一部には、必ず、色が含まれる。容姿もさることながら、キセキの世代は一人一人が個性的なキャラであるため、影の薄い黒子が並ぶと、とても存在感を放つのである。

これらのキャラクターの活躍などを是非黒子のバスケ電子書籍などで知っていただきたい。

また自分たちが絶対的な天才であるが故に、周囲から孤立していたキセキの世代たちが、黒子と火神との試合をすることにより、少しずつ変化していく様子も女性ファンを惹きつける要素となっている。
posted by ぱっくん at 03:46| 日記

2013年11月10日

リモコン争奪戦

子供のころよく、録画したビデオなどを見るためにリモコン争奪戦をしました。

弟がいるんですが、弟は戦隊もののビデオを見たくて、私はドラマを見たくて、いつもお互い譲らず結局親に怒られ、どっちも見られなかったです。

当時は本当に見たくて争ってたけど、今となってはその二人で喧嘩していたのが思い出です。

今でも仲良くしてる弟ですが、またこの話を覚えているか話してみようと思っています。
posted by ぱっくん at 02:15| 日記

2013年10月23日

子供って元気だねえ

子どもってどうしてあんなに元気なんだろうと考えます。

うちは女の子なのにとっても元気で、学校から帰ってくると何があったのだろうと思うくらい髪の毛がばさばさに乱れていることがほとんどです。

元気よく遊んでいる証拠なのでしょうが、やっぱりあまりにボサボサの髪形だとかわいそうなので、出来るだけ崩れない髪形はないかと研究中です。

特に娘の場合は髪の量がおおいので、段を淹れてもらっているので、短い毛が出てきやすくて難しいです。

良い髪形はないかと、毎日試行錯誤の繰り返しです。あまり乱れずに学校から帰ってくるとほっとします。
posted by ぱっくん at 15:58| 日記